デザインの意図 -ショルダーストラップ付iPhoneケース-

先月、開発中のiPhoneケースについてツイートしたところ大変多くの方から反応をいただきました。

あれから試作を重ね、ついに2月26日金曜21時から予約形式で発売することになりましたので、今回はその”ショルダーストラップ付iPhoneケース”の開発背景と特徴について書いていきます。

ショルダーストラップ付iPhoneケースとは

iPhoneとカードに素早くアクセスでき、iPhoneケースとカードケースをそれぞれ独立させて使用できる機能性がありながら、使い手のファッションスタイルを崩さないデザインで仕上げた防水レザー製のiPhoneケースです。

 

iPhone 12シリーズの全モデルに対応(Pro Max用のみ別日に販売予定)。

左からiPhone 12 Pro Max、iPhone 12/12 Pro、iPhone 12 mini

ブラック:iPhone 12 mini サイズ

ホワイトベージュ:iPhone 12 / 12 Pro サイズ

なぜショルダーストラップが付いたiPhoneケースをつくろうと思ったのか

自宅周辺での食事や散歩、たまの外出を楽しみにしている方にとってその時間は、暮らしの中で喜びを感じる貴重な時間です。

 

昨年、そういった時間を少しでも心地良くしたいという思いで”Wallet Bag”という製品を販売したところ多くの方々に喜んでもらえたため、Wallet Bagのような製品をさらに増やせないだろうかと考えていました。

 

いくつかのアイディアがある中で、近場へ出かける際にスマホだけ持って行くような感覚で身に付けられる、Wallet Bagとスマホケースが一体化したような製品を使ってみたいという話が持ち上がり、試作品をつくってみることに。

 

デザインについて検討する際、スタイルを制限してしまったり、ショルダーストラップを取り外すことができず食事中や家の中で使いづらくなるなどを避けるために、いくつかクリアすべき課題が見えてきましたが、私たちが理想とする製品の開発を進めていきました。

 

どんなシーンでも使い勝手が良く、使い手のファッションスタイルに馴染むデザインでつくられた私たちのiPhoneケースが、皆さんの貴重な外出時間を心地良くできたならとても嬉しく思います。

機能の特徴

本製品に必要な機能は、自分たちの経験を参考に試作品を作り、使用検証しながら決めていきました。

主な特徴である以下3つについて説明します。

 

・収納性
・デバイスの操作性
・カードケースの着脱機能

 

まずは収納性について。
iPhoneケース背面部分には、カードを2〜3枚収納できる着脱可能なカードケースが取り付けられています。

 

背面収納タイプは収納力の高さとデバイスの持ちやすさがトレードオフの関係にあるため、今回は収納できる物をあえて絞って、製品全体を薄くコンパクトにしつつ、デバイスの操作性を優先しました。

次にデバイスの操作性。
ショルダーストラップが付いてることで両手を自由にして気楽に行動できるデザインでありながら、iPhoneを操作したい時は素早く手に取って確認できる使い心地の良さがあります。

 

駅の改札や飲食店の決済端末にスマホをかざした後、そのままスマホをポケットに入れることなく手離しても良いというのは想像以上に快適です。

 

iPhoneのスクリーンを覆い隠すことなく収納力が担保できる背面収納タイプを採用したのは、この操作性の良さを最大限に活かすためでもあります。

最後にカードケースの着脱機能について。
iPhoneを滑落させる危険性を配慮しながらショルダーストラップの簡単な取り外しを実現できる方法として、ストラップが縫い付けられたカードケースをiPhoneケースに着脱できるデザインを考案しました。

それぞれのケースに取り付けられた円形マグネットでケース同士が固定され、iPhoneケース下部に縫い付けられた金具(カラビナ)にショルダーストラップを通すことで、iPhoneを安心して持ち歩けるかつ、ストラップが素早く取り外せる設計になっています。

食事中はiPhoneケースのみテーブルに置いてカードケースは身に付けたままにしたり、家の中ではカードケースを玄関で保管してiPhoneケースだけを持って行動できるので、あらゆるシーンで使い心地の良さを体感できます。

 

また、カードケース内部にもマグネットが仕込まれており、そのマグネットがiPhone12シリーズに搭載されたMagSafeの磁力に反応することで、持ち歩いている時でもカードケースが揺れ動くことなく固定される仕組みになっています。

さらに、着脱可能なデザインにすることでMagSafe充電器にも対応しており、私たちが行った充電スピードテストでは、約1,000mA(ミリアンペア)という、iPhoneを充電するのに十分な電流を担保できるよう配慮しています

 

※充電器のスペックによって数値は変化します。

今後iPhone 13が発売される頃には、iPhoneケースとカードケースをそれぞれ単体で購入可能にすることを検討しています。

 

つまり新しいiPhoneに買い替えたとしても、iPhoneケースのみ買い換えればカードケースはそのまま使用できるような製品展開にすることで、iPhoneが新しくなるたびにケースを刷新していた従来の体験を変え、より永く愛用できる製品になると考えています。

 

※iPhone本体やMagSafeの仕様が大きく変化した場合は対応できない可能性あり。

デザインの特徴

本製品は「洗練された上品な見た目でありながら着脱機能を併せ持つことで、様々な利用シーンやファッションスタイルに適応するデザインである」ことが特徴です。

 

製品全体に上質な防水レザーを使用し、ショルダーストラップには1本の丸い革紐を使うことでミニマルな印象を与え、使い手のファッションスタイルに溶け込むようにしています。

 

iPhoneケースとカードケースを独立した状態で使用することで様々な使い方ができるので、私が気に入っている使い方を3つ紹介します。

1.カードケースを独立させた状態で肩または首に掛ける使い方

2.iPhoneケースとカードケースを円型マグネットで固定せず、ショルダーストラップにバラバラに引っ掛ける使い方

今後AirPods Proを収納できるケースの開発を予定してますが、それをストラップに引っ掛けて持ち歩けるとより行動範囲が拡がるかもしれませんね。

3.カードケースを半開きにしてスタンド代わりにする使い方

使い手の生活に寄り添う

私たちは、生活の中で感じる不要な制限や心配を取り払い、使い心地の良い美しい製品を作るよう心がけています。

 

両手を自由にし、様々なファッションスタイルに馴染むよう配慮しながらあらゆるシーンで使いやすく設計した本製品が、皆さんの生活を少しだけ豊かにすることができたなら、望外の喜びです。

興味がある方はぜひ店舗で実物をご覧くださいませ。


More Journals

  • よき相棒としてのデジタルツール。Wunderlist〜Notionまで

    Read