[Product Story : Belt Bag]
現代のライフスタイルが求めるBelt Bag

オンオフのスタイルに変化をもたらしている小型ガジェットの普及。
機能的で審美的にも優れた、今、objcts.ioがつくりたい「Belt Bag」とは。デザイナー・角森がデザインコンセプトについて語ります。

上質なスタイルを備えた
時代に合うプロダクトを求めて

スマートフォンやiPad OSが登場して以降、PCだけでなく小型ガジェットを持ち歩く人が増えています。

ワークスタイルが多様化しつつある現代。
オンオフに境界のないプロダクトを創造することはobjcts.ioにとって必然です。

 

デバイスをベースにした基本設計とファッションアイテムとしての魅力。objcts.ioの「Belt Bag」はこの両軸をコンセプトにデザインされました。

カジュアル素材のベルトバッグでは物足りない、自分のスタイルにフィットしないという方に、上質なスタイルのあるプロダクトをお届けします。

for Laptop / for iPad
2つのサイズで展開した理由

自分たちが親交のあるクリエイターやイノベーターのワークスタイルをイメージした結果、LaptopサイズとiPadサイズの2サイズになりました。

 

objcts.ioらしいスマートな設計にこだわりながらも、前胴のマチ付きのポケットにはケーブル、モバイルチャージャー、Kindleやスマートフォンなど収納が可能です。

 

また、for Laptopの重さは、iPad Pro(11inch)+ iPhone XS相当。for iPadの重さは、iPad Pro(11inch)+ Apple Watch相当と、どちらも本革製品とは思えないほど軽量なんです。

具体的な顧客をイメージし
ライフスタイルに合わせてデザイン

objcts.ioのメインプロダクト「Moore Soft Backpack」のデザインコンセプトを軸にしながら、この「Belt Bag」はより具体的な人物をイメージしてデザインしています。

 

ひとりは「Mavic Air Bag」の企画にも参加していただいた市川渚さん(THE GUILD / N&co.)。もうひとりは、株式会社ピースオブケイクでnoteのディレクターをされている平野太一さんです。

平野さんはミニマルで上品なスタイルの方。一方の渚さんはモード系の印象があって、独自のファッションスタイルがある方です。
お二人ともスマートな方なので、大量の荷物を持ち歩くイメージではないなと。

革、芯材、つくり
「いい顔」の為のバランスと調和

Firstサンプルからデザインの方向性やバッグの「顔」は決まっていたのですが、細部のブラッシュアップのためにサンプルを重ねました。

 

メインのデバイスを入れる胴面部分に入れた5㎜厚のスポンジは、保護性を高めると同時に美しいフォルムを維持する役割も担っています。

 

また、安定した品質を保つためには生産性も無視はできない。バッグの顔にどれだけ高級感を出せるか。生産性を理解した上でサイズや芯材の組み合わせを変えながら「いい顔」を探りました。objcts.ioは革と芯材への研究心が尽きないんです。(笑)

パーツの素材にもこだわった
細部まで丁寧に考えるものづくり

バックルは、AUSTRIALPIN社の「COBRAバックル」です。登山系のアイテムにも使われているもので、機能性とデザイン性を兼ね備えた金具です。

 

また、ショルダーベルトには、肉厚で耐久性のあるポリエステル製のテープを選択しました。糸の嵩が増してもっちりと肉厚になる「ウーリー加工」を施しているので、手触りが良くて丈夫です。毛羽立ちのような経年劣化も少ないため、Mooreシリーズの本革にも調和します。

 

バッグを前にしても後ろにしても、ショルダーを見ただけでobjcts.ioのセンスが伝わる。そんな高級感のあるパーツを選りすぐりました。

前胴のポケットは、右利きでも左利きでも使いやすいダブルスライダー式です。止水ファスナーを採用しているので開閉する時に少し硬さがありますが、水に強い安心の仕様になっています。

 

さらに縫製では、指革と呼ばれる小さなパーツをカシメ留めから縫製仕上げに変更したり、ショルダーテープの付け根に芯材を入れて立体感を加えたりと、最後までディティールを追求しました。

機能に直接影響しないようなこだわりもあるのですが、それによって生まれるパーツの陰影が高級感につながるんです。

デザインの意図と、スタイリング

ベルトバッグのルーツはウエストポーチです。体の前で持つことを想定して生み出されたシルエットなので、objcts.ioの「Belt Bag」も前持ちのスタイルがかっこよく見えるようにデザインしています。
例えばバッグの上からコートを羽織ったりして、あくまで体の前で持ってもらいたいですね。

for Laptopは女性のお客様にとってはやや大きく感じるかもしれませんが、2020年の2月後半にはホワイトベージュなどの色展開も徐々に増やしていく予定ですので、性別問わず多くの方々にぜひ使っていただきたいですね。

※model : 162cm

当初、LaptopサイズよりもiPadサイズの需要が多いだろうと予測していたのですが、発売から現在の状況を見るとLaptopサイズの方が売れています。これには少し驚きましたが、オンオフの境界がないクリエイターの方や自由なワークスタイルを持った方にフィットしたのではと考えています。

 

※model : 170cm

保管の方法とメンテナンスについて

Mooreシリーズに共通の防水レザー仕様なので特別な手入れは必要ありません。雨などの水分に強く汚れも取れやすいので、気になる時に軽く拭き取る程度で問題ありません。

保管の方法としては、前胴のマチ付きポケットの立体感がこのバッグの「顔」になるので、コート掛けやクローゼットの中に掛けていただけると理想的です。

デバイスが入って重みがある場合、バッグの前面を下にして置くと顔がつぶれてしまいます。また、椅子に座る時に身体と背もたれで強く挟んでしまうと変形の原因になりやすい。

経年変化しにくいスマートな本革を選んでいますので、芯材をつぶさない程度に少しだけ気を使ってもらえたら嬉しいです。

時代の変化を常に見据え
ものづくりにも日々アップデートを

Moore Soft Backpack、Smart ToteについでリリースされたBelt Bag。今後、ワークシーンがさらに自由に多様化していけば、もっとも活躍するバッグになる可能性も秘めています。

カラー展開やサイズ展開、仕様をアップデートをしながら、ファッションアイテムとしての魅力の追求を続けていきたいと思います。


More Journals

  • objcts.io 白金ポップアップストアについて

    Read