JOURNAL

日本橋という立地、そしてそのイメージからは一見かけ離れた生活感のない空間。 objcts.ioが、自分たちの哲学を製品に託し、それを初めてユーザーと直接わかちあう場所への思いをご紹介します。
ムーアソフトバックパックのデザインや作りの特徴と長く付き合う方法を、デザイナーの角森智至が元職人としての目線を交えながらアドバイスします。
Mooreシリーズで使用している防水性のシュリンクレザー。 プロダクト自体が放つ美しさはもちろん、機能性も妥協しないブランドであり続けるために、デザイナー・角森智至によって日々丹念に執り行われている革の開発工程を追う。

INSTAGRAM